質の高い手提げ袋を作ってくれる業者の見極め方をリサーチ!

見直される広告手法

無料の広告宣伝方法

印刷機

オリジナルの手提げ袋が人気になっています。
今までは一部の大手ブランドメーカーなどが中心になって行う事は多かったのですが、他の企業ではあまり手提げ袋を利用するケースはありませんでした。
しかし広告の多様化によりこの手提げ袋の活用に注目が集まっているのです。
手提げ袋は消費者がこれを利用して街中を歩きます。
そのため、歩くだけで多くの別の消費者へ広告宣伝していると同じ効果を生み出します。
つまり無料の広告媒体なのです。
コストをかけずに費用対効果を上げることが最近の主流です。
理にかなった広告手法として見直されているのです。
そこで手提げ袋を新規に注文するケースが増加しています。
今やこれらの注文はすべてインターネットで行います。
印刷会社に版を持ち込んで作成まで数日かかるのは過去の話です。
翌日には、注文の品が完成していることがほとんどなのです。
そのため、手提げ袋が必要になる機会があれば損失なく対応することができるなど利便性が非常に高くなっているのです。
手提げ袋は商品を持ち帰るだけに利用するのではなく、その後も日常的に使用してもらう事で相乗効果を出します。
そのため材質や品質を高めた商品を展開するようにしている会社が多くなっています。
もちろんコストをかけることはできませんので、ネット通販など割安で行ってもらえる会社に注文するなど工夫をする必要はあります。
手提げ袋の活用のために会社のロゴの変更などを行う会社もあります。

買い物に使える素材が良い

印刷

お店や会社を宣伝したい時、一般的にはテレビのコマーシャルやチラシ配布などがありますが、手提げ袋も宣伝手段の1つになります。
これは、手提げ袋に店名や会社名のロゴなどを印刷し、それを不特定多数の人に使ってもらうことによって多くの人の目に止まることを目的とするものです。
こうすることで、その手提げ袋を見た人にお店や会社を知ってもらえるというメリットがあります。
このような手提げ袋を使った宣伝方法の良い所は、自然と目に入るものですから、押し付けがましさがないことです。
つまり、他人が使っている手提げ袋をなんとなく見てみたら、ロゴが目に付いて自然と記憶に残るという人間心理を利用する方法になっているわけです。
できれば、ただ店名や会社名を印刷するだけではなく、デザイン性のあるロゴなど、目に付きやすいものにすれば宣伝効果が見込めます。
また、店名や会社名を印刷する手提げ袋は、使用する素材にもさまざまな種類があります。
例えば、薄手のビニール袋の場合、使い捨てされやすいものですから、繰り返し使ってもらうことはあまり期待できず、宣伝効果も一時的なものになりがちです。
これとは違って少し丈夫な布製の手提げ袋にすれば、1度使うだけではなく、買い物のたびに繰り返し使えるレジ袋として機能しますから、使ってくれる人が増えればそれだけ宣伝に繋げることができるでしょう。
どのような素材の手提げ袋にするかは、コスト面を考慮しながら選ぶと良いです。

低予算小ロットでも大丈夫

色見本

手提げ袋は、本体袋部分やハンドル部分の素材、大きさなどを自由に組み合わせて、オリジナリティ溢れる一品を作れるのが特徴です。
また、他のノベルティグッズや販促グッズに比べると、少ない予算で製作することができたり、少数のロットからオーダーできるショップが見つけやすかったりするのも、手提げ袋ならではのメリットだと言えます。
手提げ袋の素材は、紙や布、不織紙やビニールなどいろいろな素材の中から選ぶことができます。
同じ紙の手提げ袋であっても、シンプルさが際立つクラフト紙で作った手提げ袋と表面をコーティングしたコート紙で作った手提げ袋とでは、仕上がりに大きな違いが生まれます。
会社のブランドイメージや商品イメージに合わせて素材を選ぶことが可能です。
オーダーする前に、素材をサンプルとして取り寄せることができることが多く、事前にイメージした通りに仕上げるのも簡単です。
袋部分の大きさも、自由に設定することができるため、自社商品を収納するのにピッタリの大きさの手提げ袋を作ったり、買物などの普段使いにも使える大きなサイズにしたりできます。
持ち手部分も、スピンドル紐とよばれる丸紐や平紐、リボンやグログランテープなど、たくさんの種類の中から選ぶことができるようになっていて、自社だけのオリジナリティを出すのも簡単です。
このように、手提げ袋の素材や持ち手、大きさなどを組み合わせることにより、オリジナリティに溢れるグッズを作ることができます。